フードアナリストになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「食・栄養・調理・製菓」に戻る

フードアナリスト

どんな職種?

食の幅広い知識を備え食文化を分析・評価する

食を分析・評価する仕事で、その資格取得者をフードアナリストという。味覚にとどまらず、栄養学、食育、レストランのインテリアやサービス、料理の歴史、食関連のマナー、マーケティングなど、食文化にまつわる総合的な知識と教養を身に付ける必要がある。食の専門家としての鋭い洞察力に加え、客観的な消費者目線も兼備しておきたい。飲食店プロデュース、食品会社での商品開発や販促企画、レストランのサービス改善のための覆面調査、専門誌・雑誌の記事執筆、スクール講師など、活動の場は幅広い。

こんな人におすすめ!

食にまつわること全般への関心と、味を見分ける舌が必要

食べ物や料理だけではなく、食の歴史、飲食店の内装、マナーに関することなど、幅広い知識が要求されるため、食にまつわる全てに興味を持てる人におすすめ。プロになると、繊細な味覚が要求されるため、味への探求心も欠かせない。

フードアナリストを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:栄養学、食物学、調理学など
  3. 民間資格:フードアナリスト
  4. 採用試験就職先:飲食店プロデュース、食品会社、フードアナリストスクール講師など
  5. フードアナリスト
  • Point1

    フードアナリストになるには検定試験に合格することが不可欠である。一般社団法人日本フードアナリスト協会の養成講座や通信教育でも勉強することができる。

  • Point2

    フードアナリストは1級から4級まであり、4級は無資格で受験できる。3級からは、一つ下の級に合格すると受験資格が与えられる。

「料理・調理」に関する他の職種も
チェックしてみよう!