フードスタイリストになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「食・栄養・調理・製菓」に戻る

フードスタイリスト

どんな職種?

撮影する食材や料理を魅力的に演出・スタイリング

写真や映像の撮影現場で、食材や料理をおいしそうに見せる演出やスタイリングを行う仕事。被写体を引き立てる食器や小道具を選ぶセンス、スタイリング技術だけでなく、食全般に関する知識も必要だ。また、撮影は料理研究家やカメラマンたちとの共同作業のため、協調性やコミュニケーション能力も求められる。活躍の場は、広告・デザインの制作会社や印刷会社、飲食関連企業、スクール講師など。プロスタイリストのアシスタントとして経験を積み、仕事の幅を広げてから独立する人もいる。

こんな人におすすめ!

食材や料理のスタイリングセンスが求められる

テレビ業界やデザイン・広告などの制作・印刷会社、飲食関連企業などに興味がある人におすすめできる職種。食材や料理を演出することが得意な人に適している。またパフォーマンスを行いながら、客に食材の説明をするためプレゼンテーションスキルも求められることがある。

フードスタイリストを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、デザイン、栄養学、調理学、食物学など
  3. 採用試験就職先:食品関連企業、制作プロダクション、飲食関連企業など
  4. フードスタイリスト
  • Point1

    一般社団法人日本フードライセンス国際協会の「フードスタイリスト」の資格を持っておくと就職に有利である。インテリアやフラワーコーディネートについても学んでおくと仕事をする際に役に立つ。

  • Point2

    フードスタイリストのアシスタントで経験を積んだ上で、独立する人が多い。一緒に仕事をした雑誌の編集者やカメラマンなどから、継続して仕事を依頼されることもある。

「料理・調理」に関する他の職種も
チェックしてみよう!