そば職人になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「食・栄養・調理・製菓」に戻る

そば職人

どんな職種?

そば粉と水の配合を見極め良質のそばを打つ

そば屋で提供するそばを打ち、一品料理や酒のあてなども作る仕事。そばの仕上がりは、基本材料であるそば粉と水の配合によって左右されるため、常に質のよいそばを打つには経験と技術が不可欠だ。打ち方は体験教室や講座などでも習え、そば屋で修業を積むという道もある。そば屋での修業では、だしやそばつゆの作り方だけでなく、将来自分の店を持つ際の経営の仕組みやノウハウなども間近で学べる。開業時に役立つのが、「調理師」や「食品衛生責任者」の資格。そば好きが転じて異業種から転職する人も多い。

こんな人におすすめ!

専門的な知識に裏付けされた職人技が必要

そばを打つための室温や水温管理、分量や切り方、ゆで上げのタイミングなど専門的な知識や経験が重要である。そばはデリケートであるため、繊細な感覚も求められる。十割そばを打つ場合には、より高いそば打ちの技術と知識が必要だ。

そば職人を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:栄養学、食物学、調理学など
  3. 採用試験就職先:そば屋、そば打ち教室、和食屋など
  4. そば職人
  • Point1

    そば屋でアルバイトをしながらそのまま就職することもあるが、そば打ち講座などで技術を習得することも可能だ。独自に学ぶこともできる。

  • Point2

    開業する場合には、「調理師」や「食品衛生責任者」の資格があるとよい。

「料理・調理」に関する他の職種も
チェックしてみよう!