フレグランスセラピストになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「エステ・ネイル・リラクゼーション」に戻る

フレグランスセラピスト

どんな職種?

一人ひとりが「心地よい」と感じる香りで心のケアを図る

天然香料、合成香料問わず、さまざまな香料をブレンドした香りで心のケアをする仕事。精油を科学的な分析に基づいて心身の健康に応用するアロマテラピストと違い、一人ひとりが「心地よい」と感じる香りをつくり出す必要がある。そのためには、相手の要望はもちろん心理状態などもしっかりと聞き出すのが大切。香水や精油の知識はもちろん、調香の技術や香道、アロマテラピーといった香りに関連する専門的なスキルが求められる。また、メンタル面でのカウンセリング知識も仕事に役立てることができるだろう。

こんな人におすすめ!

香りの知識をベースに、カウンセリング力と分析力が求められる

アロマテラピーについての知見、調香や香道などの知識が求められる。カウンセリングも行うため、人の話に耳を傾ける傾聴力や相手に寄り添って物事を考える力が必要。話を整理して利用者の心理状態を明らかにする分析力も求められる仕事である。開業をして働く人も多いので、経営学などを学んでおくと後で役立つだろう。

フレグランスセラピストを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、美容、化学、薬学など
  3. 採用試験就職先:化粧品メーカー、フレグランススクール、広告代理店など
  4. フレグランスセラピスト
  • Point1

    日本フレグランス協会の「フレグランスセールススペシャリスト」資格を取得しておくと就職後に有利になることもある。

  • Point2

    まず、企業に就職してからキャリアを積むのが一般的だ。日本フレグランス協会の資格を持っておくと知識の証明になる。

「リラクゼーション」に関する他の職種も
チェックしてみよう!