フィトセラピスト(植物療法)になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「エステ・ネイル・リラクゼーション」に戻る

フィトセラピスト(植物療法)

どんな職種?

植物が持つ力で体の不調の改善や予防を行う

植物の力を使って人間の持っている自然治癒力に働きかけ、体の調子を整えたり、病気の予防をしたりする仕事。「フィトセラピー」という療法を用い、植物を使った入浴剤、湿布、ハーブティーなどを作り、体調の改善などに役立ててもらう。古くから世界各国の医療に植物が用いられてきたことから、実践的な療法とされている。植物の成分や効果、禁忌を理解し、フィトセラピーを実践する知識が必要。関連資格としては、一般社団法人日本フィトセラピー協会が認定している民間資格がある。

こんな人におすすめ!

植物との触れ合いを通して人の心を癒やしたいという意欲が求められる

植物療法の種類はさまざまで、アロマセラピーから森林療法、ハーブ療法、園芸療法まで多岐にわたるため、植物に関する専門知識は身に付けておくことが求められる。植物と触れ合うことが好きで、人々を癒やしたい気持ちを持っている人が望ましい。相談者の健康状態や心理状態を見抜く観察力も必要だ。

フィトセラピスト(植物療法)を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、美容、植物学など
  3. 採用試験就職先:医療機関、サロンなど
  4. フィトセラピスト(植物療法)
  • Point1

    フィトセラピー研究コースやインストラクター養成コースなど専門学校で学べる専門知識を身に付けておくと実務の役に立つ場合がある。

  • Point2

    エステサロンなどに就職する場合と、ハーブショップなどを独立して立ち上げる場合がある。ヨーロッパで国家資格をとれば、就職の際に有利になる。

「リラクゼーション」に関する他の職種も
チェックしてみよう!