アロマアドバイザーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「エステ・ネイル・リラクゼーション」に戻る

アロマアドバイザー

どんな職種?

エッセンシャルオイルを使ったアロマテラピーをアドバイス

花や草から抽出したエッセンシャルオイルを使い、心や身体を癒やすアロマテラピーについてアドバイスをする仕事。民間資格として、公益社団法人日本アロマ環境協会が認定するアロマテラピーアドバイザーがある。この資格を取得し、アロマショップで働く人や、サロンでアロマトリートメントを行う人も多い。資格を取得するには、エッセンシャルオイルの作用や効能、機材の使い方などを身に付ける必要がある。アロマ製品は基本的には雑貨扱いだが、化粧品に分類されるものもあるので、薬事の知識もあるとベターだろう。

こんな人におすすめ!

アロマに対する正しい知識・理解と、顧客へのアドバイス力が必要

相手の要望を的確に読み取り、その人に合ったアロマテラピーを正しい理解とともにアドバイスする力が必要だ。知識を得るだけではなく、環境改善や健康管理のためにアロマテラピーを提案することもあるため、アロマの種類や成分、効果などに関しての幅広い知識を習得していることが望ましい。

アロマアドバイザーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:美容、心理学、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:アロマスクール、アロマショップ、アロマサロンなど
  4. アロマアドバイザー
  • Point1

    公益社団法人日本アロマ環境協会認定の「アロマテラピー検定1級」に合格すると就職の際に有利になる場合がある。検定は年2回行われ、植物の香りの使用場面など基礎知識が習得できる。

  • Point2

    「アロマテラピーアドバイザー」の資格を取得後は、アロマショップのスタッフやアロマサロンでトリートメントを行う仕事などで知識を生かすのが一般的だ。

「リラクゼーション」に関する他の職種も
チェックしてみよう!