フレグランスコーディネーターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「美容・理容・メイクアップ」に戻る

フレグランスコーディネーター

どんな職種?

幾多の香りから最適な商品を選び人や空間のイメージを創造する

小売企業や企画会社などに所属し、個人または企業に対してイメージや好み、シーンに適した香りを提案する仕事。香料に関する幅広い知識を武器に、香水や化粧品、ルームフレグランス、入浴剤、アロマオイルなどの商品選択の手助けを行う。例えば、信頼感を訴求したい人に落ち着いたウッディ系の香水を勧めたり、ショップの入り口に華やかなイランイランの香りを漂わせて来店を促したりするなど、香りがもたらす効果を踏まえた提案が必須だ。本能に直接作用するという嗅覚で、人を動かし感動を与える仕事である。

こんな人におすすめ!

顧客のニーズに応える幅広い香料の知識と嗅覚、香水をおすすめする提案力が必要

香料に関する深い知識が必要である。また、香料をイメージする力やセンスなども問われてくるため、普段から香料や香水に親しんでいる人に向いている。それに伴い嗅覚も重要な資質となるだろう。顧客が打ち出したいイメージに合わせておすすめする香水などを変えるため、提案力や臨機応変な対応力も必要である。顧客と接する機会も多く、コミュニケーション能力も重要なスキルとなる。

フレグランスコーディネーターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:美容、心理学、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:香料に関する企業、化粧品メーカーなど
  4. フレグランスコーディネーター
  • Point1

    アロマテラピーや香料、フレグランス全般の基礎知識があることが望ましい。

  • Point2

    民間のスクールで開講されている講座などでフレグランスの知識を習得した後に、フリーランスとしてイベントやブライダルの仕事を経験することもある。

「メイクアップ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!