スキンケアリストになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「美容・理容・メイクアップ」に戻る

スキンケアリスト

どんな職種?

肌を知り尽くし、自らの肌もケアしながら若々しく健康的な素肌へと導く

スキンケアのプロとして一人ひとりの肌の悩みに寄り添い、必要なケアの方法や化粧品に関する助言を行う仕事。主な職場はエステティックサロンや化粧品販売店、コールセンターなど。特に資格は必要ないが、肌の構造や化粧品の成分に関する知識を持ち、基礎化粧品の正しい使い方やマッサージの手順、カウンセリングの方法などのノウハウを身に付ける必要がある。食事、運動、睡眠といった生活習慣にまで踏み込んだアドバイスも必須。何より説得力が問われるので、自らが若々しく美しい肌であることが望ましい。

こんな人におすすめ!

肌美容に対する高い意識とアドバイス力が求められる

人と話すのが好きで、美しい肌をキープすることや美的好奇心が高く、その知識や技術を人に伝えることができる人が求められる。スキンケアのアドバイスをするための、肌の構造などの基礎知識、基礎化粧品に関する知識を身に付け、一人ひとりの肌に合わせたカウンセリング、提案を行える人に向いている。

スキンケアリストを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:美容、心理学、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:化粧品メーカー、エステサロン、美容学校など
  4. スキンケアリスト
  • Point1

    美容やコミュニケーション学を学んでおくと就職に有利になる場合がある。肌や化粧品の成分など幅広い知識を習得していると接客時に役立つ。

  • Point2

    美容系の学校で美容分野を学んだ後、化粧品メーカー、百貨店、エステサロンなどに就職することが一般的。

「メイクアップ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!