メイクアップインストラクターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「美容・理容・メイクアップ」に戻る

メイクアップインストラクター

どんな職種?

個人相談から大規模なショーまでさまざまな場面でメイクを指導

消費者もしくは美容部員やサロンスタッフ、あるいは学生を対象にしたレッスンや講演会、メイクアップショーなどでメイクの指導にあたる仕事。例えば、美容イベントの講師として主催者と来場者双方が満足するテーマでトークをしたり、社員研修の指導員として美容部員に自社商品の正しい使い方を教育したりする。美容系専門学校を卒業して化粧品会社や小売企業、サロンに就職するのが一般的だが、著名ブランドや著名人の専属になったり、自分の店を開いたり、テレビや雑誌で活躍したりと実力次第でチャンスは広がる。

こんな人におすすめ!

メイクに関する探究心のみならず技術を的確に伝える指導力も求められる

メイクの可能性を理解し、人がきれいになることへの追求心が高い方に向いている職業である。さらに、人を育成することに喜びを感じ、一緒に成長できる人におすすめだ。肌や骨格、色彩についての基礎知識と、メイク技術の両方があると重宝される。 その知識や技術を分かりやすく人に伝える指導力も大切で、実践しながら説明できることが望ましい。

メイクアップインストラクターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:美容、心理学、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:化粧品メーカー、美容学校など
  4. メイクアップインストラクター
  • Point1

    美容専門学校や大学の美容系学部で専門知識を得て、メイクアップアーティストとして経験を積み、スキルアップしていくのが一般的である。

  • Point2

    必須資格は各メーカーや学校、ブランド内の規定によって異なる。就職先としてはブライダル業界や化粧品メーカーなどがある。

「メイクアップ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!