福祉用具専門相談員になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「福祉・介護」に戻る

福祉用具専門相談員

どんな職種?

多種多彩な福祉用具の中から利用者に最適な用具を厳選

福祉用具貸与サービスは介護保険における在宅サービスの中に含まれている。常に介護を受ける利用者の身体状況に適した用具について、本人や家族、施設のスタッフと細かく相談しながら、選択をすることが重要。健常者が暮らしに使う一般的な品々と、介護保険の利用者が使う福祉用具では、ディテールへの配慮や設計思想が大きく異なる。福祉用具全般についての確かな専門知識に基づき、的確なアドバイスを行うのが福祉用具専門相談員の役割。求人は「介護福祉士」「ケアマネジャー」などの有資格者に限られることが多い。

こんな人におすすめ!

利用者に合った適切なサポート方法を提案できる知識が必要

高齢者や障がい者などの介護を要する人の生活や希望に沿って、適切な用具選びをサポートするため、福祉用具の専門知識と提案力が必要だ。また、要介護者の生活状況や身体の状態を的確に把握するため介護・福祉に関する知識があるとより強固なサポートができる。

福祉用具専門相談員を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:社会学心理学、福祉学、介護福祉、社会福祉、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:福祉用具貸与会社、福祉用具販売会社、福祉介護施設など
  4. 福祉用具専門相談員
  • Point1

    介護に関する知識が生きるため、介護・福祉系の学校で学ぶとよい。

  • Point2

    「福祉用具専門相談員指定講習」の受講、50時間の課程を修了する必要がある。保健師や看護師などの資格取得者は、受講なしで相談員として働くことができる。

「福祉」に関する他の職種も
チェックしてみよう!