サプリメントコーディネーターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「医療・歯科・看護・リハビリ」に戻る

サプリメントコーディネーター

どんな職種?

サプリメント全般の知識を生かし相談者の快活な暮らしをサポート

普段の食生活では補いきれない、人の健康にとって重要な栄養素を摂取できるのがサプリメント。その安全性や効果的な飲み方については、実はまだ広く正確に知られていない。消費者がおのおの、自己判断で摂取しているケースも多いといわれる。サプリメントコーディネーターは、健康、美容、医療の3つのテーマに沿って活動し、食事や栄養、生活習慣などを考慮しながら、相談者に最も適した効果的なサプリメントの摂取方法をアドバイスする。健康で快活な暮らしをサポートする職業となる。

こんな人におすすめ!

健康や美容に対する深い知識を持ち、サプリメントについて的確なアドバイスを行う提案力がある人

食品学や公衆衛生学に関する知識を蓄えられる人におすすめだ。また、栄養学や食物学を学んでいると、より望ましい。健康だけでなく、美容面にも興味を持っていることも重要である。情報過多なサプリメントについて、その人それぞれに合うものをしっかりと見分け、アドバイスできる提案力が必要。

サプリメントコーディネーターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:薬学、保健衛生学、医学、健康科学、栄養学、美容学など
  3. 採用試験就職先:薬局、エステティックサロン、サプリメント会社など
  4. サプリメントコーディネーター
  • Point1

    民間企業が行う、サプリメントコーディネーター養成講座を受講する。決められた課題をクリアすることにより、サプリメントコーディネーター資格が取得できる。

  • Point2

    資格取得後、さまざまな業界で活躍できる。薬に関する就職先だけでなく、化粧品会社などの美容に関わる業界でアドバイザーとして活躍する例もある。

「保健・薬」に関する他の職種も
チェックしてみよう!