僧侶になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「教育」に戻る

僧侶

どんな職種?

仏陀の教えを継承し、戒律を守り衆生を慈しみ、法事や葬儀を担う

仏陀の教えを次世代へ継承していく使命を持つ僧侶は、厳しい戒律を守る出家修業者たちの集団を指す。寺院の運営を担いながら、お墓の管理、先祖供養、法事、葬式など、さまざまな活動を行う。布教活動を通じた経営的な裏付けは、継続的な寺院運営の原則。したがって、寺院の顔である僧侶は、数多い檀家や近隣住民と良好な関係を長く保ち続けるための、コミュニケーション能力も求められる。また、住職は世襲による継承が多いため、寺院生まれでない場合は各宗門宗派で修業を積んで任命を得る必要がある。

こんな人におすすめ!

仏教に関する深い知識と傾聴力が必要

僧侶として働くためには、仏教に関する深い知識が必要なため勤勉であることが望ましい。幅広い知識を身に付けるための学びの姿勢と、さまざまな修業を乗り越えるための忍耐力に自信がある人におすすめだ。 また、僧侶として働く中で関わる人々との円滑な人間関係構築が重要である。人の話に真剣に耳を傾けることができる傾聴力も必須だ。

僧侶を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、哲学、宗教学など
  3. 採用試験就職先:寺院など
  4. 僧侶
  • Point1

    僧侶になるためには僧籍を取得する必要がある。 学校で僧侶の基礎知識を学んだ後、実修を経て試験に合格するため能力を身に付ける。

  • Point2

    僧籍を得た後、一定の修業期間を経てから僧侶としての職務に就くことができる。 宗派によって修業の内容・期間は異なる。

「そのほか」に関する他の職種も
チェックしてみよう!