占い師になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第3弾

学問・業界・職種ガイド

「教育」に戻る

占い師

どんな職種?

手相や西洋占星術、タロットなど占いを使い相談者の悩みに応える

相談者の悩み事を親身になって聞き取りながら、将来の見通しや仕事運、恋愛運、さまざまな吉凶を予想し、アドバイスを提供する仕事。古来より占いの手法は多岐にわたる。手相、人相、西洋占星術、タロット、易学など多くの種類があり、今日では対面鑑定のほか、電話鑑定、雑誌などのメディア上の執筆、インターネットの占いコンテンツ制作など、活躍の場はさまざま。根拠や信ぴょう性も求められるが、人に言えない相談者の悩みに、真摯に応える人間味あふれる姿勢も大切。カウンセリングとの共通点も多いといえる。

こんな人におすすめ!

占いのスキルに加え、洞察力と、相談を真摯に受け止め解決方法を提案できる力

相談者からの相談内容を的確に捉え、その問題を占いへと結び付けるには、占いのスキルはもちろん洞察力や会話力も求められる。アドバイザーとしての役割を果たすため、普段から相談や悩み事を聞いて解決方法を提案できる人に向いている。人生におけるさまざまな経験がアドバイスに深みをもたらすため、積極的に物事にチャレンジしておきたい。

占い師を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:心理学、数学など
  3. 採用試験就職先:企業、電話相談など
  4. 占い師
  • Point1

    「認定占術士」や「易学鑑定士」「気学認定鑑定士」など関連団体による認定資格もあり、資格を取得すれば集客力アップにつながることもある。

  • Point2

    自分に合った占い手法を覚えることがファーストステップ。独学以外にも、セミナーや養成講座などを受講する学び方もある。技術習得後は独立する以外にも、協会や占いの店に所属して働く道がある。

「そのほか」に関する他の職種も
チェックしてみよう!