アートセラピストになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「医療・歯科・看護・リハビリ」に戻る

アートセラピスト

どんな職種?

絵画や音楽を活用した心理療法の専門家

絵画、音楽などの芸術を用いた心理療法を行う専門家。表現技術の上達を目指して行うのではなく、創作したものを心理状態を表す鏡として活用することと、創作・表現活動そのものがもたらす癒やし、解放感、自己発見などの効果を目的として行われる。絵画や音楽のほか、ダンス、陶芸、演劇など、心と五感に刺激を与えるさまざまなジャンルを用いる。高齢者向け福祉施設などでアートセラピストを取り入れるケースもあり、医療・福祉分野で活躍の場が広がっている。

こんな人におすすめ!

人の心に寄り添う高い会話力とホスピタリティー精神が大切

創作へのモチベーションを引き出してあげることが大切なため、高い会話力を身に付けている人物が求められる。また、アートセラピストは子どもの絵画教室だけではなく、老人ホームや病院などに就職する可能性もある。そのため、不測の事態にも動じない冷静な対応力とホスピタリティー精神を持つことも重要である。

アートセラピストを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:デザイン、医学、心理学、コミュニケーション学、美術など
  3. 採用試験就職先:障がい者施設、高齢者施設、病院、学校など
  4. アートセラピスト
  • Point1

    現在日本でのアートセラピスト資格は、民間資格のみ。本格的にアートセラピーを学ぶなら、民間の資格学校や芸術系大学、専門学校に通って学ぶことができる。

  • Point2

    患者への施術を企業や学校をはじめ福祉施設などで行う場合、「アロマテラピーアドバイザー」と「臨床心理士」の取得をしておく必要がある。

「心理・リハビリ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!