言語聴覚士になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「医療・歯科・看護・リハビリ」に戻る

言語聴覚士

どんな職種?

言語聴覚士

言葉や耳、食べる上での障がいを訓練や指導によって回復へ導く

言語機能や聴覚に障がいがある人、食事を取ることが困難な人に対し、回復へ向けたリハビリテーションを行う仕事。生まれつき障がいのある人や、脳卒中などの病気の後遺症や手術によって言葉や耳が不自由になった人など、患者はさまざま。検査によってその原因を探り、各人に合わせて適切な訓練や指導を実施する。患者の機能回復を促し、日常生活をサポートする。活躍の場は、病院やリハビリテーションセンターの他、教育機関や福祉施設などにも及ぶ。

こんな人におすすめ!

患者に寄り添い、粘り強く指導を続けられる人

言語聴覚士には医学的な知識だけではなく、患者の精神面をサポートできる心理学的な知識も必要。幅広い勉強をコツコツとやり遂げる粘り強さが求められる。また、長期間にわたる訓練を続ける根気強さや、日々変化する患者の状況に合わせ、より効果的なアプローチを導き出せる創造性も欠かせない。子どもから高齢者まであらゆる年代の患者を理解し、寄り添える思いやりも大切だ。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

言語聴覚士を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:言語聴覚学、リハビリテーション・作業療法・理学療法など
  3. 国家資格:言語聴覚士
  4. 採用試験就職先:病院、リハビリテーション施設、介護老人保健施設など
  5. 言語聴覚士
  • Point1

    言語聴覚士になるには、医学の基礎知識や言語学、心理学などの指定科目を学べる学校や養成所に通う必要がある。その後、言語聴覚士国家試験の合格が必須。

  • Point2

    年々活躍の場が広がる言語聴覚士。食べたり飲み込んだりすることが難しくなった高齢者に対してもサポートを行うので、介護の現場でも活躍が期待される。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「心理・リハビリ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!