移植コーディネーターになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「医療・歯科・看護・リハビリ」に戻る

移植コーディネーター

どんな職種?

臓器などの移植にあたって提供者と患者の間を取り持つ仕事

臓器などの移植に際して、提供者と患者との橋渡しをする仕事。提供者(ドナー)情報が入った際に、提供元の病院で調整や家族への説明などを行う「ドナーコーディネーション」と、患者(レシピエント)に最適な臓器・組織を医師とともに選び運搬する「レシピエントコーディネーション」の2つに大別される。1件の移植について約10名のチームを組んで、病院内・病院外での業務を区分して担当し、最適な臓器・組織を患者に届ける。国家資格はなく、公益社団法人日本臓器移植ネットワーク所属または委嘱にて業務にあたる。

こんな人におすすめ!

ホスピタリティー精神を持ち、関係各所との連携をとるための調整能力とコミュニケーション能力がある人

生命に関わる責任の重い仕事のため、患者や家族の心や言動の変化をいち早く察知し、手を差し伸べるホスピタリティー精神が重要になる。また、移植は関係各所との連携が必要になるため、調整能力と信頼を得られるコミュニケーション能力も身に付けておきたい。どんなときも周囲に流されず、冷静に正しい判断ができる判断力も必要だ。

移植コーディネーターを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:法学、医学、医療技術学など
  3. 採用試験就職先:日本臓器移植ネットワーク、病院など
  4. 移植コーディネーター
  • Point1

    移植コーディネーターになるには、公益社団法人日本臓器移植ネットワークの採用試験に合格する必要がある。「医師」「看護師」「薬剤師」「臨床検査技師」「臨床工学士」など医療従事者としての国家資格を取得しているか、4年制大学を卒業していることが受験資格となる。

  • Point2

    求人情報が出るのは不定期なため、公益社団法人日本臓器移植ネットワークのホームページをこまめにチェックしておきたい。また、全国への出張もあることから、普通自動車免許を取得しておくと役に立つ。

「医療サポート」に関する他の職種も
チェックしてみよう!