法医学医になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「医療・歯科・看護・リハビリ」に戻る

法医学医

どんな職種?

法律に関わる諸問題を医学的に解明し公正な判断を下す

法律に関わる諸問題に医学的な判断が必要とされる場合、これを鑑定・研究して解明し判断を下す仕事。具体的には死因や身元を特定するための司法解剖、親子鑑定、血液型鑑定などが挙げられる。法医学医として働くには、医師免許に加えて死体解剖資格、機関長の推薦、法医学教室での200例以上の法医解剖経験、5回以上の学会報告などが必要で、日本法医学会の認定制度の審査を受けて、認定を受けなければならない。多くの場合、法医学教室で研修医として経験を積んだ後、専門の研究機関などに就職する。

こんな人におすすめ!

しっかりとした倫理観を持ち、研究熱心な姿勢

多くの解剖経験や学会での発表や論文作成が必要であるため、医療だけでなく法律などの知識が必要である。大学の研究室や研究機関からの推薦状も必要であるため、しっかりとした倫理観を持ち研究を熱心に行う人に向いている。

法医学医を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学必要な学び:医学、医療技術学、看護学など
  3. 国家資格:医師、死体解剖認定医資格
  4. 採用試験就職先:監察医務院、病院、大学の法医学教室など
  5. 法医学医
  • Point1

    医師免許の取得が必須。大学に進学し医学を学び、医師国家試験に合格後、法医学教室へ進学して実地修練を行った上で、死体解剖認定医資格などを取得する必要がある。

  • Point2

    医師免許の他に、「法医認定医」資格試験か「死体解剖認定医」資格試験の合格が必要となる。

「医療治療」に関する他の職種も
チェックしてみよう!