森林官になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾 オープンキャンパス参加応援キャンペーン第1弾

学問・業界・職種ガイド

「環境・自然・バイオ」に戻る

森林官

どんな職種?

国有林を管理・育成し林業計画や災害防止に役立てる

各地域の国有林を管理して守る仕事。林野庁に所属する森林事務所に勤務する。具体的には、過剰な伐採を防ぐために森林の生育状況を調べて、「間伐」と呼ばれる木々の間引きを計画・実行するのが主な仕事となる。調査した内容は「森林調査簿原簿」に記録し、管理に役立てられる。そのほかにも樹木を食べる動物への対策、山火事や不法投棄の実態調査など、森林を守り育てていくためのさまざまな業務がある。森林を守ることは、材木資源の確保はもちろん、土砂災害の防止にもつながるとても重要な仕事といえる。

こんな人におすすめ!

自然に寄り添う姿勢だけでなく、事務処理能力も必要

あらかじめ策定された計画に基づき、間伐の調査、実行、管理と多岐にわたるため、行動力のある人に向いている。また、災害防止計画を立てたり、土地の管理など事務処理能力も必要となる。

森林官を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:考古学、社会学、林学・林産学、生物学など
  3. 採用試験就職先:林野庁、森林管理局など
  4. 森林官
  • Point1

    森林官は国家公務員なので、林野庁に入庁するため公務員試験の合格が必要。

  • Point2

    公務員試験に合格し、林野庁か森林管理局に入ってから森林官になるが、森林官への採用数はかなり限られている。

「環境・自然・バイオ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!