登山家になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「環境・自然・バイオ」に戻る

登山家

どんな職種?

高度な技術と知識を持って山に登る仕事

山に登ることを仕事とする人のこと。特に高度な技術を必要とする登山をする人を指すが、登山することのみで収入を得られることは少なく、関連する活動や仕事を並行して行うことで収入を得ているケースが多い。例えば「山岳インストラクター」として一般登山者への指導を行ったり、書籍を出版したり、関連する製品の広告塔としてスポンサー収入を得るなどが例として挙げられる。数千メートルの高さの山に登ることも多く、早くから山岳部などに所属して経験を積み、体力と精神力を養っておかなければいけない仕事である。

こんな人におすすめ!

山に対する豊富な知識と厳しい環境下でも活動できる日々の鍛錬が必要

山で起こるさまざまな状況に対する豊富な知識が求められる。また、厳しい自然環境での活動となるため、強い精神力とそれを支える体力が必要とされる。

登山家を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:地理学、コミュニケーション学、体育、語学(外国語)など
  3. 採用試験就職先:登山ガイド、山岳インストラクター、スクール経営、スポーツショップ経営など
  4. 登山家
  • Point1

    登山家になるためには日頃からトレーニングを重ねて体力と精神力を養っておくことが大切である。

  • Point2

    山岳インストラクターやスクール、ショップ経営などで資金を調達しながら登山の実績を重ねていく人が多い。

「環境・自然・バイオ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!