環境分析技術者になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「環境・自然・バイオ」に戻る

環境分析技術者

どんな職種?

環境分析技術者

大気や水質などの環境を調査し、公害防止のための研究をする

環境保全のプロとして、さまざまな自然環境の調査や分析を行う仕事。公的な環境研究所や調査会社、環境コンサルティング会社、化学メーカーなどに勤務する。大気汚染や水質汚濁、騒音などについて研究し、化学的な専門知識・技術を用いて改善策や防止策を立案する。例えば、工場排水や家庭用排水などの水質汚濁が生態系に与える影響や、ダイオキシン、アスベストによる汚染などについて調べ、資料やマニュアルを作成することが重要な業務となる。

こんな人におすすめ!

環境問題への探究心を持ち続け、仕事をやり遂げる強い意志が必要

論理的に物事を考えることが得意で、計画的に仕事を進行していく能力が求められる。また、長期間にわたって調査や研究を行うことが多く、常に探究心を持ち、最後までやり遂げる強い意志が大切だ。さらに専門機器を取り扱うため、慎重さと冷静さが必要になる。地球環境について考えることが好きで、生物学などに興味がある人に向いている仕事だ。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

環境分析技術者を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:地理学、土木工学、環境学など
  3. 採用試験就職先:環境分析会社、環境コンサルティング会社、化学メーカーなど
  4. 環境分析技術者
  • Point1

    新聞やニュースなどから、常に環境問題に関する情報を収集し、知識を増やすことが大切といえる。

  • Point2

    関連資格には「環境計量士」「環境測定分析士」などがある。大学や専門学校などで化学を専攻し、環境学や測定機器の操作に関して学ぶことが重要。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「環境・自然・バイオ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!