環境アセスメント調査員になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「環境・自然・バイオ」に戻る

環境アセスメント調査員

どんな職種?

大規模な開発事業が行われる際、事前にその影響を調査して評価

道路・河川(ダム)・鉄道などの開発が行われる際に事業主体となる団体から依頼を受けて、環境への影響を調査して問題がないかを評価する仕事。環境コンサルティング会社に勤務し、行政機関や企業からの依頼を受けて活動する。具体的には、大気(騒音・振動・悪臭を含む)・水・土壌などの状態や、開発地域に生息する動植物などを調査、予測し、最終的に評価する。対象となる事業は国によって定められており、道路・河川・鉄道・飛行場・発電所・廃棄物最終処分場・埋め立て・干拓のほか、住宅市街地の造成など13種類ある。

こんな人におすすめ!

環境に対する問題意識の高さと正確なデータ分析力が必要

地域開発が自然環境に悪影響を与える可能性もあるため、丁寧かつ正確な情報収集能力と分析力が求められる。また、環境に対する問題意識は常に高く持ち続けることが必要だ。調査分析により開発中止と判断した場合は、論理的に説明し、周囲を納得させる会話力が求められる。

環境アセスメント調査員を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:地理学、土木工学、環境学など
  3. 採用試験就職先:環境調査会社など
  4. 環境アセスメント調査員
  • Point1

    国家資格でもある「公害防止管理者」の資格を取得しておくと就職に有利だ。「環境アセスメント士」認定資格は、実務経験を経て受験資格を得ることができる。

  • Point2

    生物学科や生物工学科・環境学科などで地域開発と環境保全に関することや、バイオテクノロジーについて学んでおくといい。

「環境・自然・バイオ」に関する他の職種も
チェックしてみよう!