客室乗務員(フライトアテンダント)になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

客室乗務員(フライトアテンダント)

どんな職種?

客室乗務員(フライトアテンダント)

航空機内のサービスと保安業務安全で快適な空の旅を提供

航空機の客室で、安全運航のための保安業務や搭乗客へのサービスを行う仕事。航空会社によって、「客室乗務員」「フライトアテンダント」「キャビンアテンダント(CA)」など、呼び方はさまざま。具体的には、搭乗客の案内、手荷物の収納確認、救命胴衣や酸素マスクの使い方の説明、機内アナウンス、食事や飲み物の提供、体調不良者への対応などを行う。搭乗客が機内での時間を快適に過ごせるよう、常に気配りと笑顔が求められる。また、非常時には搭乗者の避難誘導にあたるなど、保安要員としての役割も大きい。

こんな人におすすめ!

美しい言葉遣いで臨機応変に対応。不規則な勤務に耐えられる体力も

接客が大きなウエートを占める仕事なので、初めての相手にも礼儀正しく、美しい言葉遣いで接することが求められる。日々異なる搭乗客を相手とするため、マニュアルに定められていないことにも臨機応変に対応できる能力が欠かせない。ほかの客室乗務員とのチームワークも必須。勤務は不規則で、国際線の場合は時差もある。さらに長時間の立ち仕事となるため、体調の自己管理も大切となる。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

この職種の収入は?

平均月収33.86万円 [平成27年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)航空機客室乗務員 参照]

客室乗務員(フライトアテンダント)を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:語学(外国語)、外国文学、観光学、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:航空会社など
  4. 客室乗務員(フライトアテンダント)
  • Point1

    国際線はもちろん、国内線でも外国人旅行者の接遇にあたる場面が考えられる。英語をはじめとする語学の習得は、客室乗務員をめざす上で欠かせない条件の一つ。

  • Point2

    各航空会社に客室乗務員要員として入社後は、数カ月間にわたる保安・サービス訓練で必要なスキルを身に付けた上で、晴れて大空に飛び立つこととなる。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!
「航空」に関する他の職種も
チェックしてみよう!