養蜂家(ようほうか)になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「動物・植物」に戻る

養蜂家(ようほうか)

どんな職種?

ミツバチを飼育してハチミツなどミツバチ由来の産出物を得る

養蜂家とはミツバチを飼育し、ハチミツやローヤルゼリーなど、ミツバチ由来の産出物を得る仕事である。養蜂のやり方は大別して「定置養蜂」と「移動養蜂」の2種類。定置養蜂は、1カ所にとどまり、そこに咲く花の蜜を集める。一方、移動養蜂は春から夏のシーズンにレンゲやナタネなど特定の花が開花する時期に合わせて、ミツバチたちが過ごしやすい土地に巣箱を移し、採蜜する。養蜂家になるには、プロのもとで修業をするほか、養蜂場に就職して必要な知識や技術を覚えるなどの方法がある。

こんな人におすすめ!

蜂の飼育に対する周辺への気遣いや体力維持を含めた自己管理ができる

1年中屋外での作業になるため、体力と自身の健康維持が必須となる。蜂に刺されるなどの被害で周辺住民からクレームを受けることもあるので、人間関係にも気遣いができる人が好ましい。養蜂技術の習得も求められる。

養蜂家(ようほうか)を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:農芸化学、地理学、生物学など
  3. 採用試験 独立就職先:養蜂業者など
  4. 養蜂家(ようほうか)
  • Point1

    蜜蜂を飼育するため、蜜蜂の生態や養蜂に関する知識が必要。

  • Point2

    養蜂家になるには、養蜂業者に就職または養蜂家のもとで直接指導を受けるのが一般的。

「酪農・畜産・水産」に関する他の職種も
チェックしてみよう!