華道教授になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「動物・植物」に戻る

華道教授

どんな職種?

日本の伝統芸術である華道の師範となって花の美を広める

花を生けて美しさを競う日本の伝統芸術である華道。その教授となるためには、特定の流派の師範について修業する必要がある。まずは、その流派の型をしっかりと覚えて、完全にものにできれば、おのずと個性も生まれてくる。そして、晴れて実力が認められれば、自らが師範となって人に教授できるようになる。師範となればカルチャーセンターや地域の公民館、自宅開業などで、教える機会がある。また、さまざまな施設のショーケースを飾る生け花を担当することもある。

こんな人におすすめ!

伝統を重んじる姿勢と創造性を形にするセンスと指導力が求められる

伝統を重んじる心だけでなく、古典的なものから革新的で創造性のある作品を作り上げる発想力が重要。花器と呼ばれる壺や皿を選び、花を生ける空間の雰囲気と花をマッチングさせるセンスが求められる。環境に応じて花を生けるため、空間デザインに関する技術もあると表現の幅が広がる。講演会や専門学校で講義をすることがあり、指導力も必要だ。

華道教授を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:比較文化学、コミュニケーション学、農芸化学、美術、デザインなど
  3. 民間資格:家元入門師範
  4. 採用試験就職先:華道家元、華道自営、花屋、カルチャースクールなど
  5. 華道教授
  • Point1

    入門し、5~10年ほどの修業を経て、師範の免状を取得するケースが多い。流派によってキャリアアップの方法は異なるので、まずは自分の好きな流派を見つけることから始めたい。

  • Point2

    華道の基礎知識があり、花に日常から触れていると入門後の成長が早くなるため、華道部に入部するか、華道について学べる学校・学科に進学して知識を習得しておくと有利だ。

「植物・フラワー」に関する他の職種も
チェックしてみよう!