フラワーアレンジメントの先生になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「動物・植物」に戻る

フラワーアレンジメントの先生

どんな職種?

花束やリースの作り方を教えるスペシャリスト

一種類の花や複数の花を組み合わせ、花束やフラワーボックスを作ったり、リースにしたりするのがフラワーアレンジメントの仕事。この仕事を目指す人たちの講師になるには、花に関する知識のほか、花の配色を考えるカラーコーディネートの知識とセンスが必要になる。講師になるには特に必須の資格はないが、花屋での勤務経験や国家資格である「フラワー装飾技能士」の取得が役に立つだろう。活躍の場はカルチャーセンターや専門学校のほか、自分の花屋で客に対してスクールを開催する人もいる。

こんな人におすすめ!

花で表現する力と、それを生徒に分かりやすく伝える指導力

先生として教えるためには、花の魅力やアレンジメントの技術を分かりやすく伝える指導力が求められる。生徒一人ひとりに向き合い丁寧に教えることができる思いやりも重要。生徒の体現したいイメージをくみ取るスキルや、花を通じてさまざまな感情やイメージをつくり出す発想力や独創力、表現力も必要である。

フラワーアレンジメントの先生を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:農学、農業工学、農業経済学など
  3. 採用試験就職先:花屋、専門学校、カルチャーセンターなど
  4. フラワーアレンジメントの先生
  • Point1

    国家資格の「フラワー装飾技能士」を取得しておくと生徒を募集する際に有利となる。アレンジにはカラーセンスも必要なので、カラーコーディネーターの資格も役立つ。

  • Point2

    花屋などで実務を経験したのち、スクールの講師として就職するか、カルチャーセンターや自宅などで教室を開催する人が多い。

「植物・フラワー」に関する他の職種も
チェックしてみよう!