ランドスケープアーキテクトになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「動物・植物」に戻る

ランドスケープアーキテクト

どんな職種?

景観や環境保全に配慮して都市・地域づくりをする専門家

ランドスケープとは、景色や風景を意味する。ランドスケープアーキテクトとは、暮らしの中の安全、健康、福祉、環境などを考慮しつつ、美しい都市と地域を、デザイン的手法を用いて構築する建築の専門家を指す。環境の保全を目標に、緑・水・土などの自然要素と共生できるデザインや、快適さを指向するレクリエーション空間のデザイン、伝統を受け継ぐデザインなど、エコロジーや人間性尊重が重視される中、官民両分野で活躍の場は広い。実務経験者を対象に試験による登録制度もある。

こんな人におすすめ!

自然・景観・歴史の共存を恒久的にデザインする想像力と知識が必要

公園やキャンプ場など人と自然が関わる空間を使いやすく、なおかつ景観のよい場所にするデザインセンスが求められる。人々の行動や植物の成長予測などに関しての豊かな想像力と、それを形にする実行力が大切だ。街づくりから空間づくり、建造物の保存まで業務も幅広いため、さまざまな知識を蓄える必要がある。

ランドスケープアーキテクトを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:地理学、社会学、地域社会、コミュニケーション学、ビジネス学、観光学、建築学など
  3. 採用試験就職先:官公庁都市整備課、官公庁公園緑地課、自治体、建設コンサルタント会社、設計事務所、造園会社、建設会社など
  4. ランドスケープアーキテクト
  • Point1

    「造園施工管理技士」(1級、2級)、「技術士」(環境部門)などの国家資格を持っておくと就職に有利になる。

  • Point2

    造園学や土木工学、環境デザイン、生物資源学などを学んでおくと、実務で役に立つ。海外には、より専門的に学べる教育機関もあるので、選択肢の一つに入れておくと幅が広がる。

「植物・フラワー」に関する他の職種も
チェックしてみよう!