植木職人になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「動物・植物」に戻る

植木職人

どんな職種?

庭園や個人宅の庭木を手入れしてその美しさを維持する仕事

会社や公共団体などが管理運営している庭園の樹木や、個人の家の庭木などを手入れして、その美しさを維持する仕事である。一つひとつの木の葉や枝のバランスも大事だが、庭園や庭の全体的な統一感も求められる。また、季節の移り変わりや天候の変化によって、庭の状態は大きく変わるのに加えて、依頼者のニーズも一人ひとり異なるため、全体を見回すことができる程度に熟練するには相当の時間と体力と根気が必要である。植木職人になるには、造園業を営む個人農家や会社組織で働いて経験を積むのが一般的である。

こんな人におすすめ!

一時的な仕上がりだけでなく、植物の育ち方を予測する先見的な視点が必要

見栄えをよくするだけでなく、切った枝が伸びた後や植え替えた後にどうなるか予測する先見的な視点が大切。植物の相性や育つ環境、季節などに合わせて植物を選定する知識と技術も必要だ。さらに、依頼主のニーズを読み取る理解力に加えて、それを表現する技術とセンスが求められる。

植木職人を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:土木工学、農芸化学、デザイン、建築学など
  3. 国家資格:造園技能士、造園施工管理技士
  4. 採用試験就職先:造園会社、植樹会社など
  5. 植木職人
  • Point1

    造園学科のある大学や専門学校で、基礎的な知識と技能を学んでおくと就職してから役に立つ。造園にまつわる論文なども積極的に読んでおくとよい。

  • Point2

    就職後に「造園施工管理技士」「造園技能士」「樹木医」「庭園管理士」の資格を取得すると高い評価を得られるだろう。

「植物・フラワー」に関する他の職種も
チェックしてみよう!