厩務員(きゅうむいん)になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「動物・植物」に戻る

厩務員(きゅうむいん)

どんな職種?

競走馬の世話を最も身近で行いベストコンディションを維持する

調教師の指導の下、競走馬の生活する厩舎で馬の世話をする仕事である。具体的には、餌を与えたり、馬が寝起きする場所である馬房(ばぼう)を掃除したり、寝床のわらを取り替えたり、身体を洗ってブラッシングを行ったりする。また、馬がベストコンディションでレースに出場できるように、調教師の作ったメニューに基づいて、毎日の健康管理からレース直前の競馬場での付き添いまで担当する。馬の最も近くで面倒を見る大切な役割である。将来的には調教師を目指すこともできる。

こんな人におすすめ!

競走馬の変化に気付ける観察力と健康維持のための管理能力が必要

馬の日々の体調管理や少しの変化にも気付くことができる観察力が必要となる。馬の理解者となり、常に寄り添う愛情を持って育て上げる責任感が求められる。競走馬がベストコンディションでレースに臨むことができるよう、健康管理や体重の調整などをしっかりと行う管理能力も必須だ。

厩務員(きゅうむいん)を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、動物看護学など
  3. 民間資格:日本調教師会厩務員(中央競馬の場合)
  4. 採用試験就職先:厩舎
  5. 厩務員(きゅうむいん)
  • Point1

    競馬学校の厩務員課程をし修了後、調教師が経営する厩舎に就職することで厩務員として働くことができる。また、資格を取得すれば調教厩務員になることも可能だ。

  • Point2

    専門学校に入学するには乗馬経験・牧場経験2年以上と、牧場での競走馬・育成馬騎乗経験が1年以上という条件が必須ということが多い。趣味程度に乗馬をするのではなく、受験前に専門の学校で実践的に学ぶことが求められる。

「動物・ペット」に関する他の職種も
チェックしてみよう!