競馬調教師になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「動物・植物」に戻る

競馬調教師

どんな職種?

競馬に出場する競走馬の実力を最大限に高める管理責任者

競馬の調教師がする調教とは、馬主から預かった競走馬がしっかりと競馬場のコースに沿って走り、スピードを上げ、レースでベストの実力を発揮できるようにするための訓練を指す。調教師は、その管理責任を担う重要な役割である。競走馬を調教・管理する場所を厩舎(きゅうしゃ)と呼ぶが、自分が運営している厩舎で、馬の世話をする厩務員(きゅうむいん)や調教の補助を担当する調教助手を雇い入れて指導を行うほか、馬主に代わって未来の競走馬を発掘することや、競走馬をレースに出走させる出馬登録も大事な業務となる。

こんな人におすすめ!

高い調教技術と人と馬におけるマネジメント力が重要

馬と競馬に強い関心と探究心がある人におすすめだ。厩務員や騎手を雇い、競走馬を育て上げるため、厩舎の経営者として人と馬両方においてマネジメント能力が問われる。強い馬を育て、レースに勝つという信念があり、それに向けて努力を怠らない人に向いている。

競馬調教師を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、獣医学、動物看護学など
  3. 民間資格:調教師
  4. 採用試験就職先:馬房、中央競馬、地方競馬など
  5. 競馬調教師
  • Point1

    大学や専門学校で馬の飼育や調教について学んだ後、厩舎などで実務経験を経て、調教師試験を受けることが多い。1次試験は身体検査と学力試験、2次試験は口頭試験と人物考査が課せられる。

  • Point2

    「調教師」の試験の受験資格は28歳以上である。専門知識を学び、資格取得した後は、馬房を貸与されている調教師のもとで一定期間研修をし、プロの調教師として働くことができる。

「動物・ペット」に関する他の職種も
チェックしてみよう!