ドッグ服デザイナーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「動物・植物」に戻る

ドッグ服デザイナー

どんな職種?

犬の魅力を引き立たせる犬の服専門のデザイナー

犬専門のファッションデザイナーである。人間のファッションデザイナーと同じように、デザイン画を基にパターン(型紙)を作成して、それに合わせて布をカットし縫い合わせる。ほかに犬のためのアクセサリーや小物もデザインする。犬はサイズなどで個体差があり、既製品でカバーするのが難しい。セミオーダーやオーダーメードでの対応が必要になることが多く、犬に余計な負担をかけないように、細やかな調整が必要である。

こんな人におすすめ!

犬の特性や骨格を理解し、機能性を追求したデザインセンスと企画力

かわいいだけではなく、快適で機能性を追求したデザインを行うため、犬に関する知識が豊富でなければならない。商品に反映させるためには、デザインセンスに加え、企画、マーケティング能力も求められる。犬種の行動や生態、骨格の構成も理解しておく必要がある。

ドッグ服デザイナーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:動物看護学、コミュニケーション学、デザイン、服飾・被服学など
  3. 採用試験就職先:ペットショップ、ペット用品メーカー、ネットショップなど
  4. ドッグ服デザイナー
  • Point1

    デザインや縫製については、服飾系の学校で学ぶことができる。 また、マーケティングについても勉強しておくと販売する際に役に立つ。

  • Point2

    服飾やビジネスについて学び、ペットショップなどに就職するか、独立してネットショップなどで販売することも可能である。

「動物・ペット」に関する他の職種も
チェックしてみよう!