ドッグフォトグラファーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「動物・植物」に戻る

ドッグフォトグラファー

どんな職種?

犬の自然な表情を引き出して最高の瞬間を撮る犬専門の写真家

犬を専門に撮影するフォトグラファーである。撮影が初めての犬でも、安心感を与えるアプローチで自然な写真を撮ることができ、また、小型犬から大型犬まで愛犬の性格や気分を瞬時につかみ、その犬の最も魅力的な瞬間を写真に収めるスペシャリスト。犬の写真だけではなく、犬と飼い主のツーショットや家族みんなと一緒に撮影するなど、犬と人間の双方の表情を引き出すことも重要である。カメラマンの思い通りに動かない犬をどうコントロールするかが一番の腕の見せどころである。

こんな人におすすめ!

被写体の表情を引き出す鋭い観察力と高い集中力が求められる

予測しづらい犬の動きを捉え、魅力的に写すカメラの知識や操作技術が必要である。限られた時間の中で一瞬を捉える集中力が必要不可欠だ。また、犬種や性格などに応じた、興味の引き方やさまざまな表情を引き出すための自由な発想力も重要である。飼い主と一緒に撮影する際には、分かりやすく指示を出す指導力も求められる。

ドッグフォトグラファーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:写真、映像、コミュニケーション学、獣医学など
  3. 採用試験就職先:ペットを撮影する写真館、Web制作会社、フリーランスなど
  4. ドッグフォトグラファー
  • Point1

    撮影環境に応じてカメラを自在に操ることができる撮影技術が不可欠である。また、被写体のベストな表情を引き出すためにカメラの知識だけでなく、犬に関する知識があると仕事に生かせるだろう。

  • Point2

    専門的に学びたいなら高校卒業後、養成講座を受けるか、デザイン系の学校で写真を学ぶといい。未経験でペットの写真館に入り、経験を積むことも可能である。

「動物・ペット」に関する他の職種も
チェックしてみよう!