住まい方アドバイザーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「建築・土木・インテリア」に戻る

住まい方アドバイザー

どんな職種?

快適な環境で生活ができるよう総合的にアドバイスをする

2014年に「アメニティアドバイザー」から「住まい方アドバイザー」に名称変更された。具体的には、クローゼット整理・キッチン整理など収納のコツや、その人、その家に適した効率的な掃除方法、家具の配置に至るまで、住みやすい暮らしを実現するための全般的なノウハウを助言・指導する。収納などに悩みを抱えた人が増えている現代において、ニーズの広がりのある仕事といえる。

こんな人におすすめ!

日頃から身の回りの整理整頓や掃除が得意な人に向いている

毎日快適な生活を送るため、普段から身の回りの整理整頓が得意であるかどうかが重要なポイントだ。収納はもちろん、掃除好きな人が向いているといえるだろう。また、相手の生活に関する悩みをうまく聞き出し、アドバイスをする指導力も求められる。

住まい方アドバイザーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、心理学、建築学・意匠、インテリア、工芸学、住居学、デザインなど
  3. 採用試験就職先:インテリアショップ、住宅機器メーカー、住宅メーカーなど
  4. 住まい方アドバイザー
  • Point1

    住まい方アドバイザーの資格があり、取得しておくと能力の証明になる。「インテリアコーディネーター」などの資格も役に立つだろう。

  • Point2

    「住まい方アドバイザー」の資格を取得後に住宅メーカーなど企業の面接を受けると、就職に有利な場合もある。入社後、経験を積みながら、専門的な技術を高めていく。

「インテリア」に関する他の職種も
チェックしてみよう!