天文雑誌編集者になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

天文雑誌編集者

どんな職種?

天体に関する専門的な情報を記事にするための企画を立てる

天文の専門雑誌に掲載する記事を企画する仕事。読者は天文に詳しい人だけでなく、興味があってもそれほど詳しくはない初心者も多いため、編集者は、単に天文や宇宙に関する専門的な情報を掲載するだけでなく、分かりやすく魅力的な企画を立てることが求められる。天文雑誌の編集者も、企画提案・取材・執筆する点ではほかのジャンルの雑誌編集者と同様だが、話を聞くだけでなく、自ら望遠鏡で観測することもあるので、学校の天文部に所属するなど、天体観測を趣味にしている人が望ましい。

こんな人におすすめ!

天文学への知識と探究心を持って世の中に発信する企画力が求められる

日頃から天体観測が趣味であったり、天体に興味がある人に向いている。雑誌の編集をするため、企画力や、取材、執筆、校正などの専門知識も必要になる。

天文雑誌編集者を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:哲学、宗教学、文化人類学、比較文化学、心理学、語学(日本語)、デザイン、美術、写真、映像、マスコミ学、メディア学、宇宙・地球学など
  3. 採用試験就職先:出版社、フリーランス、編集プロダクションなど
  4. 天文雑誌編集者
  • Point1

    編集者になるには、まずは編集プロダクションや出版社に入るのが一般的。そこで経験を積むことが重要になってくる。

  • Point2

    ある程度の天体の知識が求められるので、天文学を学んでおくほか、独学で書籍や雑誌などで勉強しておくといいだろう。望遠鏡で空を見上げる習慣もつけておこう。

「宇宙」に関する他の職種も
チェックしてみよう!