レストア技術者になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

レストア技術者

どんな職種?

生産中止となった車種などを熟練された技術でよみがえらせる

クラシックカーや生産中止となった自動車を修復し、元の状態に戻す仕事。車体、エンジン、足回り、内装、板金、塗装と、作業領域は幅広い。部品が生産中止となっていることも多く、場合によっては自身でオリジナルの部品づくりをすることがある。故障した自動車や廃車に近い状態の自動車の修復を手掛けるため、高度な技術が必要である。必須資格はとくにないが、「自動車整備士」の資格が仕事に役立つだろう。先輩などの助言を受け入れるとともに、自身で新たな技術を開発していこうとする向上心も大切だ。

こんな人におすすめ!

自動車を修復する手先の器用さや職人的感覚が求められる

生産終了になった自動車やクラシックカーを修復する高度な技術が求められる。整備の知識に加えて、独自の処方を考えようとする向上心も必要で、生産終了した部品を手作りすることなどもあるため、手先の器用さや職人的感覚も求められる。こだわりのクラシックカーを所有している顧客と話し込めるほど、クラシックカーの専門知識があれば仕事も広がりやすい。

レストア技術者を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:航空・船舶・自動車工学、材料工学、電子工学、電気工学、金属工学など
  3. 採用試験就職先:自動車整備会社、自動車メーカー、レストア専用会社、中古車販売会社など
  4. レストア技術者
  • Point1

    予備知識として、自動車の基本構造を熟知する必要がある。また壊れたものを復元するので、溶接技術や塗装技術も合わせて習得するといい。また、必須資格ではないが、自動車整備士の資格を取得していると有利になる。

  • Point2

    就職するにあたって尊敬するレストア技術者のもとで修行することが大事だ。求人が少ないため、自ら行動を起こしレストア技術者の道を切り開くといいだろう。

「自動車・二輪自動車」に関する他の職種も
チェックしてみよう!