占星術師になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

占星術師

どんな職種?

太陽・月・惑星などの位置に基づき判断する占い師

古代バビロニアが発祥とされる占星術は、太陽・月・惑星などを地球からみた天体の位置や動きに基づき、人の内面などを判断し占う。この占いを仕事としている人を占星術師という。天文学と密接な関係性のあるものとして捉えられることもあり、占いに天文学は不可欠な要素といえる。そのため占星術師になるには天文学の勉強をはじめ、入門書などの文献を多数読み、占星術師の行うセミナーや、師事したい術師に弟子入りするなど、地道な努力が必要になる。

こんな人におすすめ!

占星術の知識やカウセリング力、洞察力が必要

占星術の基礎知識や技術が必要になる職種だ。また、星や天体に関する知識に加え、日本国内だけでなく社会の情勢に関する知識があると望ましい。相談者の恋愛や健康、経済などプライベートな話題に踏み込むため、相手の話をよく聞き質問内容をくみ取るカウセリング力も重要だ。相手の身なりや話す様子から相手の置かれた状況を理解する洞察力も求められる。

占星術師を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:哲学、宗教学、文化人類学、比較文化学、心理学、語学(日本語)、教養学、コミュニケーション学など
  3. 採用試験就職先:占い会社、フリーランスなど
  4. 占星術師
  • Point1

    占星術の知識を深めると同時に、占いを実践し実力を養う必要がある。占星術師としてのスキルを証明するために「認定占術士」の資格を取得しておくと説得力が増す。

  • Point2

    占い会社へ就職する場合は、採用、研修を経て対面や電話での占いに応じるのが一般的だ。フリーランスの場合は、すでに活躍している占星術師に師事する場合がある。

「宇宙」に関する他の職種も
チェックしてみよう!