天文台の職員になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

天文台の職員

どんな職種?

天文台の職員

天体の研究、観測に特化した天体施設で研究や技術を役立てる

天文台とは、天体の研究、観測を行う施設。日本では世界最先端の観察所といわれる国立天文台が有名だ。天文台の職員は研究者・技術職員・事務職員の3つに分かれており、研究者は基本的には公募だが、博士号の所持者が対象であることが多く、大学の教授や准教授などが就くのが一般的。技術者と事務職は公務員がその業務にあたることになっており、公務員試験合格者の中で、天文台への勤務を志望した人から選ばれる。

こんな人におすすめ!

宇宙に興味があり、データの数字を用いて論文作成ができる文章力のある人

いまだ解明されていないことが多い天文学を研究するために、物事を深く掘り下げ、追究する好奇心が必要である。そのため、集中力があり、研究熱心な人に向いている。複雑で未解明な宇宙に、興味を持っているかどうかも重要だ。データなどをまとめるための数値分析能力や、論文作成で必要な文書力も求められる。

天文台の職員を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:地理学、コミュニケーション学、宇宙・地球学、総合科学など
  3. 採用試験就職先:プラネタリウム、大学、出版社など
  4. 天文台の職員
  • Point1

    博士号取得者が採用条件となるのが一般的なため、大学院まで進み、博士号を取得しておくといいだろう。海外での活動もあるため、語学に関する資格も役に立つ。

  • Point2

    博士号を持っていることの他に、公務員試験の合格者の中から選ばれることもある。大学卒業後も、実績と経験を積むことが重要。

「宇宙」に関する他の職種も
チェックしてみよう!