外航客船パーサーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

外航客船パーサー

どんな職種?

外航客船パーサー

外航客船の乗客に快適な船旅を提供するサービススタッフ

海外へ航海する船舶は大型で乗客数も多く、航海が数カ月から1年にも及ぶこともある。そのなかで乗客の要望に応え、快適な船旅を提供するためにサービスを行うのがパーサーの業務だ。客船会社や商船会社、郵船会社などがパーサーを採用しており、全体を統括するチーフパーサーのほか、主に乗客の窓口となるフロントパーサー、経理などの事務を担当するサードパーサーなどがいる。必須の資格はないが、外航客船はさまざまな国の乗客が乗船しているので、語学力が必要になる。

こんな人におすすめ!

乗客に対する心遣いや立ち振る舞い、マナーも重要

乗客に対して行き届いたサービスと接客力が必要とされる。船上で過ごす期間が長くなる乗客がストレスなく滞在できるよう、心遣いや気配り、小さな変化も見逃さない観察力が求められる。また、立ち振る舞いやマナーも重要視される仕事だ。配属先によっては英語力も必要になる。

外航客船パーサーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:航空・船舶・自動車工学、語学(外国語)、応用物理学、コミュニケーション学、心理学、通信工学など
  3. 採用試験就職先:外航客船会社、客船会社、クルーズ会社など
  4. 外航客船パーサー
  • Point1

    外国人観光客に対応することもあるため、英語力も必要とされる。

  • Point2

    基本的に外航客船会社に就職するのが一般的な外航客船パーサーへの道である。経験と実績を積みながら仕事の知識を深めていく。

「船舶・海洋」に関する他の職種も
チェックしてみよう!