トラック運転手になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

トラック運転手

どんな職種?

近距離から遠距離までトラックで荷物の運搬をする仕事

荷物の運搬などに最も多く利用されるトラック。短距離から長距離まで、積載量によりさまざまな大きさのトラックを運転し、荷物を運ぶのがトラック運転手の仕事だ。トラックには宅配便などの自社企業専門のものもあるが、多数の企業と運送契約をし、行きと帰りで異なる企業の荷物を運ぶトラックが多い。必須の免許は普通一種免許のみだが、大型一種免許やけん引免許があると、積載量に関わらず運行ができ、仕事の幅も広がる。遠距離での深夜運転や、重量のある荷の積み下ろしもあり、体力が必要な仕事ともいえる。

こんな人におすすめ!

目的地に届けるための責任感と不規則な勤務でも対応できる体力が求められる

一定レベルの運転スキルが必要だが、入社後の研修や業務の中で学ぶことも多い。ほとんどのトラック運転手が取引先と接することが多いため、接客スキルも必要である。また、荷物を壊さないように心がけた運転や、取引のとき時間に遅れないようにするなどの責任感も重要だ。不規則な勤務でも対応できる体力があると望ましい。

この職種の収入は?

平均月収34万円 [平成27年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)営業用大型貨物自動車運転者 参照]

トラック運転手を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、ビジネス学、経営学など
  3. 国家資格:普通自動車免許
  4. 採用試験就職先:宅配便配達会社、運送会社など
  5. トラック運転手
  • Point1

    トラックを運転するためには、運転免許証が必須。普通自動車免許取得後、中型や大型自動車免許を取得すると幅が広がる。

  • Point2

    運転免許のほかに、けん引免許や大型特殊免許を取得するとキャリアアップや業務の幅が広がる。企業によっては、フォークリフト免許が必要な場合もある。

「自動車・二輪自動車」に関する他の職種も
チェックしてみよう!