運転代行者になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

運転代行者

どんな職種?

飲酒や体調不良で車の運転が困難になった人の運転を代行する

運転代行者とは、飲酒や体調不良によって車の運転が困難になった人の車を代わりに運転し、目的地まで届けるのが仕事だ。かつては一般的ではなかったが、飲酒運転抑止対策の強化に伴い、運転代行者は増えつつある。運転代行者は普通一種免許のほかに、タクシー・ハイヤーの運転手に必要な普通二種免許も必須となる。国土交通省の調べでは、飲酒運転抑止対策により、飲酒運転よる死亡事故は減少していることから、飲酒時の交通手段として運転代行者のニーズは今後も続くと見込まれる。

こんな人におすすめ!

気配りの姿勢で柔軟な対応力と運転技術が必要

顧客を乗せて運転するため、顧客が心地よく乗れる運転技術が求められる。運転代行を利用する顧客は飲酒者のほか、怪我や病気などで運転が困難になってしまった人などさまざまである。そのため運転技術だけでなく柔軟な対応力をはじめ、思いやりのある人や気配りができる人におすすめの職種である。

運転代行者を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:地理学、コミュニケーション学、観光学、心理学など
  3. 国家資格:普通二種免許/大型二種運転免許
  4. 採用試験就職先:運転代行会社、タクシー会社など
  5. 運転代行者
  • Point1

    タクシー運転手と同様、「普通二種免許」もしくは「大型二種運転免許」が必須資格となる。

  • Point2

    免許取得は入社後でも可としている場合もあるが、在学中に免許を取得した方が即戦力として有利になる場合もある。

「自動車・二輪自動車」に関する他の職種も
チェックしてみよう!