ハイヤー運転手になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

ハイヤー運転手

どんな職種?

完全予約制の高級車できめ細かいサービスを行う

街中を走りながら乗客を探すタクシーと異なり、ハイヤーは完全予約制の送迎車である。企業と契約して役員の送迎など、地位の高い人物が顧客として利用していることが多い。車種も国内および海外の高級車を用意し、上質な乗り心地を提供する。タクシーと同じく普通二種免許が必要だが、タクシードライバーと異なり、給与は固定給に歩合と残業代も入るため、収入は安定している。きめ細かで水準以上のサービスとマナーを身に付け、お客を迎えなければならない。

こんな人におすすめ!

乗り心地につながるホスピタリティ精神が求められる

利用者がタクシーでなくハイヤーに依頼するのは、乗り心地も重視されているため、接客マナーや運転に細心の注意が必要になってくる。自社のハイヤー以外にも、顧客指定の車を操作することもあるので、どんな車にも対応できる運転スキルを持つことが重要。

ハイヤー運転手を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:地理学、コミュニケーション学、観光学、心理学、ビジネス学など
  3. 国家資格:普通自動第二種免許
  4. 採用試験就職先:ハイヤー会社、タクシー会社、一般企業など
  5. ハイヤー運転手
  • Point1

    必要な資格は、タクシー運転手と同様に普通自動車二種免許。顧客指定の車に乗ることもあり、外国車であることもあるため、左ハンドル運転経験があると役立つ。

  • Point2

    多くの場合、採用試験を通過後に普通自動車二種免許を取得する。その後、地理知識やマナーを各会社での研修で学び、顧客からの予約に対応していく。

「自動車・二輪自動車」に関する他の職種も
チェックしてみよう!