タクシー運転手になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

タクシー運転手

どんな職種?

安全で快適な運転で乗客を目的地まで運ぶ

顧客を自動車に乗せ、目的地まで運ぶことが仕事。常に安全運転に努め、快適に利用してもらうためには洗車や車内清掃などにも気を配ることが大切だ。普通自動車第二種免許が必要で、勤務体系は夜勤を含むシフト制となることがほとんど。独立して個人タクシーのドライバーとして働くには、タクシー会社で10年以上の実務経験を積まなくてはならない。運転が好きであり、地理に詳しいことが前提となるが、乗客にはさまざまな人がいるため、高いコミュニケーション能力や丁寧な振る舞いも求められる。

こんな人におすすめ!

運転に対する安全意識や接客力が求められる

運転が何よりも大事なスキルになるため、運転技術に自信がある人が向いている。慣れ親しんだ土地だけを運転するわけではないので、地理に強いことも求められる。またお客様を安全に運ぶことが必要になるため、自身が健康であり、任務を遂行できることが重要だ。道路交通法に従い、安全意識を常に高く持つことと、車内で乗客が快適に過ごせる接客力も大事。

この職種の収入は?

平均月収23.87万円 [平成27年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)タクシー運転者 参照]

タクシー運転手を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:地理学、コミュニケーション学、観光学など
  3. 国家資格:普通自動第二種免許
  4. 採用試験就職先:タクシー会社、個人など
  5. タクシー運転手
  • Point1

    一部地域では地理試験を合格していないと採用されない場合がある。そうではない地域であっても、地理試験を勉強しておくと有利な資格になる。

  • Point2

    タクシー会社の採用試験を受け、合格した後、多くの場合は会社の制度で免許取得をする。その後登録のために講習を受け、修了すると運転者証が発行される。

「自動車・二輪自動車」に関する他の職種も
チェックしてみよう!