自転車整備士になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

自転車整備士

どんな職種?

自転車の点検、整備をし安全運転の指導も行う

量販店やサイクルショップで、自転車の点検や整備をする仕事。また、安全な運転を指導することも業務の一つとなる。自転車整備は普段見落としがちだが、チェーンのたるみやタイヤのパンクなどは交通事故の原因の一つとなるため重要な役割を持つ。警察庁の支援を受けている、公益財団法人・日本交通管理技術協会の「自転車安全整備士」の資格がある。18歳以上で、職務経験が2年以上なくては取得できない。「自転車安全整備士」が点検と整備を行った自転車にはTSマークが付く。

こんな人におすすめ!

不具合を見逃さない観察力や顧客への指導力が求められる

自転車やタイヤに不具合があると事故につながってしまうため、自転車の不備を見逃さない注意力や観察力の高さが必要だ。自転車のタイプや乗車する人に応じて、乗車時の注意点や扱い方を適切に伝えるため、指導力があると望ましい。小さな子どもの自転車を整備する場合は、子どもにもわかりやすい言葉遣いで安全に対する意識を育てていく必要がある。

自転車整備士を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:金属工学、機械工学、電気工学など
  3. 民間資格:自転車安全整備士
  4. 採用試験就職先:自動車整備工場、カーショップなど
  5. 自転車整備士
  • Point1

    「自転車安全整備士」の資格試験を受験するためには、18歳以上であり、かつ2年以上の職務経験があることが必要だ。

  • Point2

    自転車にはさまざまなタイプがあるため、機械学や電気工学などに関する知識を学んでおくと実務で役立つだろう。

「自動車・二輪自動車」に関する他の職種も
チェックしてみよう!