危険物取扱者になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「機械・電気・化学」に戻る

危険物取扱者

どんな職種?

危険物に関する知識と資格を持ち取り扱いや点検業務に取り組む

ガソリンや灯油など危険物の性質についての知識を持ち、危険物の取り扱いと定期点検、保安の監督を行う仕事。危険物取扱者になるには、財団法人消防試験研究センターが実施する試験に合格しなければならない。資格は甲種・乙種・丙種の3つがあり、それぞれ扱えるものが異なる。ガソリンスタンドや化学工場、薬品関係、燃料関係など活躍の場は幅広い。また、このような危険物を取り扱う職場では、有資格者を配置しなくてはならない。現場では、慎重さや正確さを持って業務に取り組むことが求められる。

こんな人におすすめ!

慎重かつ正確に仕事をこなす力と、危機管理意識が求められる

扱い方を誤ると危険な事故につながる可能性のある燃料や薬品を取り扱うため、仕事に対する慎重さや正確さが必要とされる。また、危機管理能力も求められる仕事だ。危険物取扱者として働くためには、資格を取得することが必須である。取り扱える危険物は、酸化性固体から引火性液体、酸化性液体など、資格によって決められている。

危険物取扱者を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:エネルギー・資源工学、農学、電気工学など
  3. 国家資格:危険物取扱者資格
  4. 採用試験就職先:ガソリンスタンド、化学工場、薬品工場など
  5. 危険物取扱者
  • Point1

    危険物取扱者資格には甲種、乙種(6種類)、丙種があり、なりたい職業に応じて、危険物取扱者資格のランクを選ぶことが必要だ。大学で科学に関する規定の学課を修めて卒業することが受験資格として挙げられている。

  • Point2

    卒業後の就職先としては、ガソリンスタンドや化学工場などが主である。その他にも、石油プラントなどの危険物を補完、製造している職場に就職できたり、大型免許を取得していればタンクローリーの運転も可能だ。

「機械・電気・化学」に関する他の職種も
チェックしてみよう!