非破壊検査技術者になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「機械・電気・化学」に戻る

非破壊検査技術者

どんな職種?

ハイテク技術を使用しものを壊さずに内部を検査する

放射線や超音波といったハイテク技術により、建物や機械などを壊さずに、その内部の状態を調査する仕事。劣化した部分や不良品を的確に見つけ、安全な使用を実現させる。活躍の場は、建築会社や部品を扱う工場、メーカーが一般的。技術者としてのスキルは入社後に現場で高めることもできるが、一般的な理工学の知識を身に付けておくと仕事に役立つだろう。また、知識や技術を証明する資格の一つとして、日本非破壊検査協会が実施する「非破壊検査技術者」の資格がある。

こんな人におすすめ!

素材に対する幅広い知識と安全性への高い意識が必要

検査には専門の機械を使うため、コンピュータや機械に強く、ひとつのことをやり続けることが得意な人に向いている。建物の調査の場合は全国各地、あるいは海外へ行くこともしばしばあるため、新しい場所へ行くことが好きな人にもおすすめである。機械を扱うため、安全性への高い意識も必要だ。

非破壊検査技術者を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:材料工学、金属工学など
  3. 採用試験就職先:建築会社、部品製造工場、機械メーカーなど
  4. 非破壊検査技術者
  • Point1

    日本非破壊検査協会実施の非破壊検査技術者の資格を取得しておくと、技術や知識の証明になる。

  • Point2

    大学や専門学校で理工学をしっかり勉強し、身に付けた上で機械メーカーや部品製造工場に就職すれば、非破壊検査技術者に近づける。

「機械・電気・化学」に関する他の職種も
チェックしてみよう!