金属・材料技術者になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「機械・電気・化学」に戻る

金属・材料技術者

どんな職種?

金属・材料技術者

新素材や新技術を開発する金属素材のスペシャリスト

製品の製造に必要な鉄・銅・ステンレス・アルミなどの金属、半導体やセラミックの技術や新素材を開発したり、製造現場での新しい加工技術を発案し、役立たせることが仕事。具体的には、機械を製造するときに用いる金属の形状・材質・強度など、設計者のニーズを聞き、各材料の長所と短所から最も合致する素材を選び、必要な専門知識を提供し、開発を支援する。また、採算性も考慮した材料調達を行う必要がある。

こんな人におすすめ!

自ら考える積極性と既成概念に捉われない柔軟性が求められる

金属やセラミックなどの新素材や新技術を開発するため、発想の柔軟性が求められる。研究する時間も長いので、根気よく物事に取り組めることも大切。材料は元素記号や化学記号を使うことから理系に興味・関心があり、さらに得意であれば覚えも早く、より適性は高くなる。

この職種は文系?理系?

  • ばっちり文系
  • やや文系
  • 中間
  • やや理系
  • ばっちり理系

金属・材料技術者を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:材料工学、金属工学、機械工学、電子工学など
  3. 採用試験就職先:鉄鋼・金属メーカー、電機メーカー、造船会社など
  4. 金属・材料技術者
  • Point1

    金属・材料の技術者は海外との交流が増えているため、交渉相手に明確な事実を示すための「工業英語能力検定(工検)」の資格があるとよいだろう。

  • Point2

    金属をはじめ、エネルギーやサイエンスなど多くの研究を積み重ねなければならないので、関連文献を日ごろから読み、情報収集することで勉強にもなる。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!
「機械・電気・化学」に関する他の職種も
チェックしてみよう!