金型工になるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「機械・電気・化学」に戻る

金型工

どんな職種?

工業製品製造の要となる金型を設計、製造をする

金型とは金属でつくられた型のことで、自動車や建築資材、医療機器、化学機械などの金属でできている部分の生産に使う。金型工はこれを設計、製造する仕事。多くの工業製品は金型がなくては製造ができないため、製造業界において重要な役割を担う。まずはコンピュータで金型設計図面を作成。それを基に機械を使って金属を加工し、金型を仕上げていく。関連資格としては、国家資格の「金型製作技能士」がある。取得は必須ではないが技術の証明となり、仕事の幅が広がるだろう。

こんな人におすすめ!

金型作業に対する集中力、技術に対する向上心が求められる

正確に金型を切り出す緻密性や正確性、手先の器用さなどが求められる。また、作業において高い集中力が必須である。さらに効率的に金型を製造するためには、機械のしくみや材質の特性などの知識を学ぶことや、コンピュータ操作の技術が必要だ。自身の知識・能力をアップさせ続けるための向上心・探究心がある人に向いている。

この職種の収入は?

平均月収28.41万円 [平成27年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)鉄工 参照]

金型工を目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:機械工学、電気工学、電子工学、材料工学、金属工学、デザイン工学など
  3. 採用試験就職先:金型専用企業、医療機器メーカー、化学機械工場、自動車製造会社など
  4. 金型工
  • Point1

    厚生労働省が実施する国家資格「金型製作技能士」を取得しておくと技術の証明ができるため、就職に有利だ。資格取得には受験する級に応じた実務経験と、金型一般や材料力学などの知識が必要となる。

  • Point2

    工業系や機械系の大学や専門学校でしっかり学んだあと、金型メーカーや部品加工メーカーに就職し、金型工になるのが一般的。

「機械・電気・化学」に関する他の職種も
チェックしてみよう!