画像処理エンジニアになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「コンピュータ・Web・ゲーム」に戻る

画像処理エンジニア

どんな職種?

デジタル画像処理技術を研究しシステムを開発する

デジタル画像処理技術のソフトウェア、ハードウェア、システムを研究し、開発する仕事。画像の加工や編集を担当するクリエーターが使用するソフトウェアのほか、QRコードを認識する機能、防犯カメラのシステム、ロボットの視覚機能なども手掛ける。デジタル化が進む現代社会において、重要な役割を担っている。開発や設計に関する知識を評価する検定として、CG-ARTS協会が実施する「画像処理エンジニア検定」がある。エキスパートとベーシックの2種類があり、エキスパートのほうが難関度が高い。

こんな人におすすめ!

画像処理の技術だけでなく、画像技術をどう扱うのかという柔軟な思考能力も必要

開発を行うための画像処理や、開発言語などの専門的な知識や技術が必要とされる。専門的な技術だけでなく、画像処理技術によって、世の中をより便利にするシステムを作り出している。活躍できる分野は、自動車や医療機器、家電、カメラなど多岐に渡る。就職先に応じた知識があると役立つだろう。また、メーカーで活躍するエンジニアが多いのも特徴のひとつだ。

画像処理エンジニアを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:情報学、通信工学、デザイン、映像、メディア学など
  3. 採用試験就職先:ゲーム会社、ソフトウェア会社、家電メーカーなど
  4. 画像処理エンジニア
  • Point1

    大学や専門学校にてデジタル画像技術に関する専門的な知識や技術を身に付け、その後、画像処理エンジニアを採用する会社に就職し、実務経験を積む流れが一般的である。

  • Point2

    「画像処理エンジニア検定」や「CGエンジニア検定」を取得することで自分のスキルや知識をアピールすることが可能だ。

「ゲーム」に関する他の職種も
チェックしてみよう!