CGエンジニアになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「コンピュータ・Web・ゲーム」に戻る

CGエンジニア

どんな職種?

CGとプログラミングを理解したCG作成ツールのシステム開発者

CG(コンピュータグラフィックス)を作成するソフトウェアやハードウェアのシステムを開発する仕事。CGはゲームのほかに映画、アニメーション、Web関連の業界からの需要がある。取得は必須ではないが、関連資格として、文部科学省認定の「CGエンジニア検定」がある。CGに関する技術とプログラミング、システムの開発やカスタマイズの理解を試す筆記試験で、合格するとスキルの証明になり仕事の幅が広がるだろう。また、日々進化しているCG技術について学び続けようとする向上心も大切だ。

こんな人におすすめ!

CGを自在に操るスキルと地道にCGを作り上げる集中力が必要

CGの作製に必要なソフトを扱うスキルだけでなく、システム開発の知識、地道にCGを作り上げる集中力が必要とされる。依頼主の要望や意図を引き出す会話力も重要だ。CGを利用するゲームや映画、アニメ業界への興味があり、製作に携わりたい人に適している。

CGエンジニアを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、情報学、通信工学、デザイン、映像、写真、メディア学など
  3. 採用試験就職先:CG映像制作会社、デザイン関連企業、映画制作会社など
  4. CGエンジニア
  • Point1

    デザイン系や美術系の大学や専門学校などで、CGの基礎知識や基本的なソフトの操作スキルを学んでおくことが望ましい。

  • Point2

    「CGエンジニア検定」にはベーシックとエキスパートの2種類があり、エキスパートを取得することでより専門的なCGの知識やスキルの指標にもなる。

「ゲーム」に関する他の職種も
チェックしてみよう!