カーチューナーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

カーチューナー

どんな職種?

チューニングにより自動車の可能性を引き出す

チューニング専門の工場や自動車整備会社で、エンジン本体の出力を調整するなどし、自動車の加速をスムーズにする仕事。シリンダーを削ったりして、エンジン本体をチューニングする。ブレーキや車高、サスペンションの調整、マフラーやエアクリーナーの交換なども行い、自動車の性能をトータルに向上させる。カーチューナーとして活躍するには、自動車の構造や各パーツに関する知識が必要で、必須資格はないが「自動車整備士」の資格を取得すると技術の証明となり、仕事に役立てることができるだろう。

こんな人におすすめ!

自動車の性能を引き出すメカニック技術と柔軟な発想力が必要

チューニングするパーツは顧客の要望によって異なるため、自動車のパーツについて幅広い知識と高い技術が求められる。チューニング後に自動車の性能をきちんと引き出せているか、全体を俯瞰する力も必要だ。さらに、顧客の理想やイメージに応じて、パーツを手作りする場合もある。そのため、専門的なスキルや知識を自由にカスタマイズできる柔軟な思考力や発想力も重要だ。

カーチューナーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:金属工学、機械工学、電気工学など
  3. 採用試験就職先:自動車整備会社、チューニング専門の工場、自動車整備工場など
  4. カーチューナー
  • Point1

    「自動車整備士」の資格を取得しておけば、技術保有の証明になる。

  • Point2

    自動車関連の専門学校もしくは大学の機械工学系の学部で基礎を学んだ後に、自動車整備工場などに就職し、実務を通して技術を磨いていくのが一般的だ。

「自動車・二輪自動車」に関する他の職種も
チェックしてみよう!