Webコンテンツプランナーになるには | 職種ガイド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

学問・業界・職種ガイド

「コンピュータ・Web・ゲーム」に戻る

Webコンテンツプランナー

どんな職種?

見やすく使いやすいWebサイトのコンテンツを考案

たくさんの人に見てもらえるWebサイトをめざし、コンテンツを考える仕事。クライアントの要望を把握した上で、流行やエンドユーザーのニーズ、見やすさ、使いやすさを加味したコンテンツを考案。方向性が決定したら制作スタッフに指示を出し、カタチにしていく。Webデザイナーが兼任するケースも多く、経験を積んだ後フリーランスで活躍する人もいる。Webデザインの知識のほかに、発想力や柔軟な思考力が必要とされる。また、マーケティングや世の中の動向にも敏感でなければならない。

こんな人におすすめ!

依頼主の要望を形にする柔軟な発想力や提案力が求められる

ユーザーに役立つWebコンテンツを考える発想力、実際にWebサイトを作るスキルが必要な職種だ。依頼主の要望を把握するだけでなく、作成するサイトが見やすいかどうか、使いやすいかどうかなど、ユーザー目線でコンテンツを判断する能力も求められる。時代に即したデザインやコンテンツを把握するため、最新のWebデザインやマーケティングなどに敏感な人に向いている仕事だ。

Webコンテンツプランナーを目指すなら!

  1. 高校
  2. 大学・短大・専門学校必要な学び:コミュニケーション学、情報学、通信工学、デザイン、映像、写真、メディア学など
  3. 採用試験就職先:Webサイト制作会社、Webデザイン事務所、広告代理店など
  4. Webコンテンツプランナー
  • Point1

    WebコンテンツプランナーはWebデザイナーと兼任する場合が多いので、Webデザイナーの資格を取得していると有利である。

  • Point2

    「マーケティング・ビジネス実務検定」を持っていることで依頼主に対してデザインだけでなく、マーケティングやビジネスに関する知識があることを示せる。

「Web」に関する他の職種も
チェックしてみよう!